三嶋大皿
54ac7d843cd4826767001f36 54ac7d843cd4826767001f36 54ac7d843cd4826767001f36

三嶋大皿

残り1点

¥108,000 税込

送料についてはこちら

吉田明 よしだあきら (1948-2008) 作家生暦 1948 東京都青海市に生まれる。 1962 独学で窯をつくる。 1965 轆轤の基礎を江崎一生氏に学ぶ。 1972 八王子市美山町御屋敷に客窯を築き、    地元の土に取り組み始める。 1973 佐賀県有田町の大山窯にて    陶器の製作始動をしながら磁器を学ぶ。    唐津、伊万里の古窯跡発掘。 1974 八王子の土をテーマに第一回個展。 1981 本格的に茶陶に取り組む。    新宿・柿傅ギャラリーにて茶陶展。(以後毎年) 1994 青梅市沢井に青梅窯を開窯。 1995 青梅市梅郷にギャラリー・酒処    「すいとん屋」を開く。 1997 青梅市柚木町にギャラリーを開く。 1998 東京都西多摩郡日の出町大久野に    日の出窯を開窯。 1999 日の出窯工房に朝鮮式割竹登窯を築窯。 2004 ニューヨークで茶陶展。 2005 新潟県十日町市「大地の芸術祭」招聘参加。    作品準備のため、妻有の土を調査、    松代・海老集落に粘土層を発見。    各所で原土を採取し「妻有焼」にむけ研究・    焼成テストを重ねる。 2007 イギリスで開催された    「第11回国際陶芸フェスティバル」に招待。 2008 「妻有焼」で地域振興をめざし、    旧野中小学校に登窯と窖窯を設計、築窯。    「妻有焼陶芸センター」開設に尽力する。 同年 12月5日、60歳で急逝。